Home

開設日:1998年07月05日

更新日:2020年01月19日

牧師:大谷唯信 副牧師:森元國文

住所:〒198-0063 東京都青梅市梅郷 3-904-3

天に宝を蓄えよ

(ピリピ1:29) 大谷唯信牧師

「あなたがたはキリストのために、ただ彼を信じることだけではなく、彼のために苦しむことをも賜わっている」

私達はキリストの命によって救われ恵みを得た。さらに日々恵まれ、与えられ、満たされ、成長し深められていく事を願っている。自分を成長させる向上心は大切だ。しかし単に求めるだけでは直ぐに行き詰る。次の学びはキリストのために損をする事、即ち、与える、犠牲を払う、他の重荷を負う事にある。よく自分の得になる事には熱心と言う人がいる。これは入門篇である。さらに幼な子を脱皮して大人となり円熟しなければならない。自分の利益を中心にしてた信仰生活では限界があり大人にはなれないのだ。霊的生命の世界はこの世とは逆である事を知っておく必要があろう。これを知らないために熱心になればなる程、自分にしがみつきかえって自己中心の信仰生活になってしまう人が結構多い。「得ようとする者は失い、捨てる者が得る」とは霊的生命の法則なのだ。肉と霊はある所までは一緒にも見えるがある所からは全く相反するものとなる。肉は自分の思いでも進むが霊は神の御心に従うからである。困難に直面すれば誰でも苦しい。それを耐え信仰によって喜び感謝して取り組む事だ。できるだけ相手を立てて手柄は相手に与えるのである。相手に得を取らせ自分は損を取る。これが天に宝を積む事になる。働きにおいても祈りにおいてもそうである。絶えず祈って天に祈りを貯えるのである。天に富む者は決してつまずかない。常に豊かに堂々と喜びと感謝に生きる事になろう。

2020年1月19日の週報から

Total Today Yesterday