Home

開設日:1998年07月05日

更新日:2020年08月09日

牧師:大谷唯信 副牧師:森元國文

住所:〒198-0063 東京都青梅市梅郷 3-904-3

礼拝メッセージ(2020年8月9日)

週報メッセージ(2020年8月9日)

教会の原点

【聖書箇所】マタイによる福音書18:20

「ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである。」

上の御言葉に「ふたりまたは三人」、「私の名によって」、「集まっている所」「わたしもその中にいる」とあるが、これこそ教会の立つ原点であり、同時に家庭や学校のクラス、その他あらゆる人のグループの原点となる教えである。「集まって」とは単に物理的に集まっている事ではない。一人ひとりの人格が向き合い、互いに認め、理解し、受け容れ、尊敬し合い、愛に満ちた関係を日々新たに求め与え合う集いの事である。マルチン・ブーバーはこれを「我と汝」と言う人格的出会いと言いこれが究極的に深まってくると人間を超えた神との出会いにまで通じると述べた。ところが、人間は人格的出会いである「我と汝」の関係から「我と物」との関係に移行しつつあると警鐘を鳴らした。今から97年前である。「我と物」とは人格的関係ではなく、物との関係、即ち、物は自分の目的のためにあり、自分の必要な時にあればよいのであり、必要がなくなれば要らないのである。典型的な自己中心の関係でよいのである。しかしその関係が人間との関係でも起きているとの警告であったのだ。ところがどうであろう。今や家庭も教育の場も、どこもかしこも人間としての関係が「我と物」との関係になっているのではなかろうか。教会も例外ではない。だから、イエスは「わたしの名によって」「わたしもその中にいる」と言われた。これが大前提なのである。イエスの名によって向き合うその中に主御自身が命となって御臨在して下さる。ここに生ける教会、生かされた私達となるのである。これを体得する時としよう。

大谷唯信牧師

Total Today Yesterday